上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 学校の総合的な学習の時間で、自分を合わせて6人のグループで学校の近くにある農家で、農場体験をしました。そして、たたみ3畳位畑を借りて二十日大根を育てることにしました。
 まずは、草がぼうぼうなので草むしりから始めました。一応耕してあるし、有機肥料も混ざっているので、ふかふかでやりやすかったです。
 次に、だいたい抜き終わったとこで、うねを作りました。そこに指で穴を開け、種を5粒ほど入れていきました。今日はそこまでしか出来なかったので、農家の方に何かやる事無いかと聞くと、草むしりをする事になりました。すると、ミミズがいっぱい出てきたり、何かのさなぎが埋まってたりしました。そして、事件は起こった。グループの一人が腐ったキャベツが手について振り払ったら、僕のズボンに見事にべちょっとつきました。その後、乾いてパリパリになったので、取れました。
そして、学校にはドロドロになって帰ってきました。
いろんなことがあったけど楽しかった。

【2006/06/21 21:30】 | 未分類
トラックバック(0) |

草とり
FUKI
私も今うらの野菜畑で草取りをして帰ってきたばかりです。写真の土は大分黒いのでたぶん火山灰土が中心ではないかと思います。土の中に色々な虫やみみず、時には蛙などがいたほうが安心出来る畑です。今の季節からは草取りが一番大変で重要な仕事です。蒔いた二十日大根を食べる時にはいつもより美味しく感じられるでしょうね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
草とり
私も今うらの野菜畑で草取りをして帰ってきたばかりです。写真の土は大分黒いのでたぶん火山灰土が中心ではないかと思います。土の中に色々な虫やみみず、時には蛙などがいたほうが安心出来る畑です。今の季節からは草取りが一番大変で重要な仕事です。蒔いた二十日大根を食べる時にはいつもより美味しく感じられるでしょうね。
2006/06/24(Sat) 10:00 | URL  | FUKI #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。